【意外と知らない?】Studio One 4の小技・tips

僕が楽曲制作に使用しているStudio One 4。
音楽活動を始めた時からずっと使い続けているのですが、知られているようで意外と知らてないのでは?って思うtipsがいくつかあったので紹介していきます。

ピアノロール画面でリアルタイム入力したコードを表示してくれる

ピアノロール画面でリアルタイム入力したコードが左のバーのとこに表示されます。地味に便利です。



コードトラックは縮小した際に文字が潰れてしまってもカーソルを合わせれば表示してくれる

画面を縮小した際にコードトラックは文字が潰れてしまってほぼ見えない状態になります。しかし、カーソルを合わせることでコード名が分かるように表示してくれます。




小節数を設定する

寝落ちして小節数がエグイことになった経験はございませんか?
僕はあります。そんな時にはStudioOneメニューの「ソング」から「ソング設定」を選択し、下のほうにある「ソングエンド」の欄へ終わりまでの小節数を設定すれば長さを指定できます。




追加プラグインのサムネイルを設定する

知ってる方も多いと思いますが一応。
右のブラウザで音源やエフェクトを探す際に、S1付属のプラグインについてはサムネイル画像が初期状態で付いてると思いますが、後から追加したプラグインについてもサムネイル設定することができます。

プラグインを立ち上げ、タブの部分のクリックし、一番下にある「プラグインサムネイルを更新」で表示されるようになります。ちなみにクリックしたタイミングでのプラグインの表示がキャプチャされます。




「Alt+A」でオートメーションを追加する。

プラグインのオートメーションを掛けたい箇所を一度クリックし、その後「Alt+A」を押します。そうするとオートメーションレーンに先ほどクリックした箇所のオートメーションが追加されます。いちいちタブから探さなくても良いのでかなりオススメです。




以上、Studio One 4の小技・tipsでした。知ってる機能はありましたか?
知らなかった機能があれば、作業効率も上がるので是非実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です